食事制限
2017年04月03日更新 2017年03月31日公開

食事制限をしているのに痩せない。その本当の理由とは

食事制限ダイエットでつらい思いをしているのに、少しも痩せられない。それはもしかして間違ったダイエットをしているのかもしれません。今行っている食事制限ダイエットを見直すため、ドクター監修の記事を参考にしてみてください。

食事制限ダイエットは、今までダイエットを試みた人のなかには、一度は体験したことがあるのではないでしょうか。いろいろなダイエット方法の中でも効果が実感しやすい方法です。しかし、せっかくつらい食事制限ダイエットをしているのに、少しも痩せないということがあります。そこで挫折してしまうと、リバウンドを繰り返してしまうという悪循環が始まります。なぜ、食事制限をしているのに痩せないのでしょうか。

食事制限をしているのに痩せないのはなぜか

ダイエットを始めた時には順調に体重が減ってきたのに、体重計の数値がまったく変わらない日々が続くとモチベーションも下がってしまいます。せっかくつらい食事制限をしているのに痩せないのには、いくつかの理由があります。

極端な食事制限

食事制限で痩せないのは、急激な食事制限です。とくに3食きちんと食べずに食事の回数を減らすことです。食事で抜きやすいのが朝食です。忙しい朝にきちんと食事をとるのは面倒くさいという人も多いでしょう。一食抜けば、それだけカロリーも減るから一石二鳥と考えているのかもしれません。しかし、ランチまでの間なにも食べない状態でいると、体はエネルギー不足を察知して、ランチで食べたものをしっかり体内に吸収しようとします。

また3食きちんと食べたとしても、いつもの量を極端に少なくするのも、脳では、体が飢餓状態であると判断します。いつもの食事メニューのすべてから2割残すというのが理想です。極端な食事制限をしてしまうと、体が脂肪をためこむことになって、痩せにくい体質になってしまいます。

栄養のバランスが悪い

ダイエット方法のひとつに、「単品ダイエット」というものがあります。同じものなら、どれだけ食べてもいいというダイエットですが、これでは栄養が偏ってしまいます。栄養が偏ると量は食べていても、やはり脳は体が飢餓状態であると判断し、エネルギーの節約モードに入ってしまいます。

栄養のバランスが悪いと、たとえば食物繊維が少なければ便秘になります。タンパク質が少なければ、代謝を活発にする筋肉が減ってしまいます。食事制限中は、むしろ肉や魚、野菜など、いろいろな種類の食べ物を少しずつ食べるのが効率のよいダイエットにつながります。

運動量が減っている

食事制限をしているのだから、運動をしなくても痩せられると誤解してしまうことです。食べる量を減らしたからといって、体を動かさない生活を送っていると、やがて来る「停滞期」を乗り越えることはできません。

とくにハードな運動をする必要はありません。むしろハードな運動をするとお腹が空いてしまう可能性もあります。30分程度の散歩をしたり、家の中でこまめに動くように心がけましょう。ダイエット前と同じ運動量をキープして、基礎代謝を上げることで、食事制限ダイエットの効果も現れます。

極端な食事制限はリバウンドする可能性も

食事制限によるダイエットは、高いダイエット商品を買わずに、誰でも気軽に始められるダイエット方法です。効果も実感しやすいので、つい過激になる傾向も強くなります。しかし、極端な食事制限はリバウンドする危険性もはらんでいることを知っておかなくてはなりません。

極端な食事制限は、体調に影響するばかりではありません。精神にも影響を与えてしまいます。最たるものが「ストレス」です。食べたいのに我慢を続けているというのは、大きなストレスを生みます。そのストレスがピークになると、今までブレーキをかけていた気持ちが一気に崩壊してしまい、ドカ食い、やけ食いとなって、リバウンドを起こします。そして「後悔」「自己嫌悪」「自暴自棄」といったマイナス思考に陥ることです。この精神状態を何度も繰り返しているうちに、「拒食症」「過食症」といった病気に移行してしまうことになります。

食事制限で痩せない場合の対処法

食事制限では極端な制限を行うと、長続きしなかったり、リバウンドを起こしてしまう心配があります。急激な減量は、ダイエットの失敗だけでなく健康を害してしまいます。まず、大切なのが「長期計画」を立てることです。理想的な減量目標は「1か月に1kg」です。これを続けていけば、1年で12kgも痩せることができます。

単に食事の量を減らすというだけでは、ストレスもたまります。食事の仕方を工夫しましょう。

「早食い」「ムラ食い」「ながら食い」は、食事制限ダイエットをするうえでやってはいけないことで食行動です。早食いは、満腹中枢が刺激される前に、たくさん食べてしまう行動です。ムラ食いは、食べたり食べなかったり、不規則な食事をすることです。ながら食いは、テレビや新聞を見ながら漫然と食事をすることです。

食事の量を減らすだけでなく、このような食行動を改善するだけでも、ダイエットを無理なく長続きすることができ、リバウンドを防ぐことができます。

ダイエットは、目標体重をクリアして終わるものではありません。どうやったら理想の体重を維持できるのかが大切です。目標体重になったからといって、ダイエット前のような食習慣に戻ってしまえば、今までの努力が水の泡となってしまうので、気を引き締めて日常生活を送りましょう。

「食事制限」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play