置き換え
2017年04月03日更新 2017年03月31日公開

スムージーダイエットで最大限の効果を引き出す方法とは

スムージーダイエットは、健康的に痩せられると注目されています。やり方はとても簡単ですが、痩せるためにはコツもあります。スムージーで効果的にダイエットするための方法をドクター監修の記事でご紹介します。

スムージーダイエットは、野菜、果物、水、そしてミキサーさえあれば、誰でも簡単に始められるダイエットです。しかし、ちょっとしたコツや置き換えるタイミングなどを知ることで、よりダイエット効果を引き出すことができます。

スムージーダイエットとは

スムージーダイエットとは、スムージーと食事を置き換えることで、確実に総摂取カロリーを抑えて体重コントロールをすることです。あるいは、食事をする前にスムージーを飲んでおけば、満腹感を感じて食事の量を自然と減らすことができます。

スムージーダイエットのメリットは、生の野菜と果物を熱を通さずそのまま摂取することで、ダイエット中に不足しがちな栄養を補給することができるという点です。そのため、美容効果、健康効果も期待でき、美しく痩せたいという女性にとくに人気があります。

スムージーダイエットの効果を引き出すためには

スムージーダイエットは、簡単にできるダイエット方法ですが、効果を最大限に引き出すために気をつけたいことがあります。

材料はシンプルに

スムージーダイエットで使う野菜や果物は、できるだけ種類を少なくしたほうが効果を発揮できます。胃腸への負担も軽くなり、栄養の吸収率も高まります。2種類、多くても4種類以内にとどめておきましょう。

また、皮をむかなくても食べられるリンゴやニンジンなどはそのまま使いましょう。皮と実の間に多くの栄養素が含まれています。農薬が心配な人は、無農薬野菜を使うようにしましょう。

ミキサーにかける時間は長めに

飲みやすくするためにも、材料をミキサーにかける時間を長めにします。材料をできるだけ細かく攪拌することで、野菜や果物の細胞壁が壊されて、栄養素が摂取しやすくなります。材料の種類にもよりますが、通常よりも1.5~2倍程度長めに攪拌しましょう。

デンプン質の野菜は避ける

ジャガイモやカボチャ、トウモロコシといったデンプン質の野菜は「ダイエット」という点では、あまりおすすめできません。健康によさそうに思えるニンジンも、意外とデンプン質が多い野菜です。スムージーダイエットにとっては、あまり多用すると効果が薄れてしまいます。

また、デンプン質の野菜と果物の相性はあまりよくなく、果物の酸と反応して腸内でガスを発生させやすくなります。

作り置きはしない

スムージーに含まれる酵素などの栄養素は、空気に触れることで酸化がすぐに始まってしまいます。そうなると効果も薄れてしまうので、作ったら、すぐに飲むことが大切です。

また、氷など入れずに、できるだけ常温のまま飲むことも大切です。冷たい飲み物は、胃腸への負担になるばかりではなく、代謝も悪くしてしまうのでダイエット効果が薄れてしまいます。

置き換えるタイミングは

スムージーを飲むタイミングは、このダイエットの重要なポイントです。

食前40分前に飲む

スムージーを食事の量を減らすために活用するなら、食事の40分前に飲んでおくことが大切です、その間は、他の食べ物を口にしないことです。40分の間に、スムージーの栄養素を効率的に体内に吸収することができます。

スムージーには食物繊維がたっぷり含まれていますから、すでに満腹感を感じているので、食事の量を減らすことができます。さらに血糖値の急上昇も抑えることができます。

朝食を置き換える

生の野菜や果物に多く含まれる酵素は、代謝をアップさせる働きがあります。朝食でスムージーを飲むことで、朝から代謝が上がるため、一日の消費カロリーの底上げにつながります。空腹の状態でスムージーを飲むことにより、胃腸の働きを活発にして、朝のお通じにもよい影響を及ぼします。

夕食を置き換える

スムージーの置き換えに最も適しているのは、夕食です。夜は活動量の少ない時間帯です。そのためカロリーを消費しきれずに、脂肪として溜め込んでしまいます。夕食というタイミングでカロリーの少ないスムージーに置き換えて、あとは寝るだけです。空腹感も感じることなく、胃腸に負担をかけることもありません。スムージーに含まれる栄養素が、成長ホルモンの分泌にも作用して、肌細胞を修復するなど美容効果も期待できます。

ほかの食事もバランスよくとることが大切

スムージーダイエットでは、低カロリーで野菜と果物の栄養素を効率よく取り込めるというメリットがあります。しかし、食事をスムージーだけに限定してしまうのは、栄養的に糖質に偏ってしまいます。ダイエット中には、食べる量を抑えながら、栄養をバランスよく摂ることが大切です。とくに肉や魚、卵、乳製品といった筋肉のもととなるタンパク質を意識して多めに摂るようにしましょう。

スムージーダイエットは、素材を変えることで、飽きのこない長続きできるダイエット方法です。できるだけ新鮮な旬の野菜や果物を使ったスムージーで、体の中から美しくなりましょう。

「置き換え」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play